スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人「つぶやき」「動画」駆使 民主現職はネット利用に懐疑的 兵庫(産経新聞)

【ネット選挙~現場報告】兵庫

 民主党の三橋真記氏、みんなの党の井坂信彦氏、幸福実現党の高木義彰氏の新人3氏がミニブログ「ツイッター」を活用している。井坂氏は活動予定も“つぶやき”、高木氏は自身のホームページ(HP)のトップからツイッターに入れるように工夫した。

 ただ、広い県内をとにかく走り回っている新人らしく、つぶやく時間の確保も難しいようだ。三橋氏は「辻立ち中や、街宣カーの中で携帯を触っていると不謹慎。休憩時間に携帯から打ち込むしかないが、結果的に食事風景ばかりになって『大丈夫か』といわれたりもして難しいところもある」とも。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」を活用しているのは、この3人以外に自民党現職の末松信介氏もいる。ただ、末松氏の場合はまだ参院選向けの活動の動画はアップされておらず、これまでの活動記録をやっとアップしたところ。「アナログ人間ぞろいなので、本当に四苦八苦しながら一歩ずつ進めている」(陣営幹部)と必死の様子だ。前述の3新人は、街頭演説のほか、三橋氏が「今日のみはしまき」コーナーを作って日々の活動をほぼ毎日更新するなど、ネット世代へのアピールを強めている。

 一方、共産党新人の堀内照文氏は前回の参院選前からブログを毎日更新しているものの、今回はあえて「有権者過半数対話」を目標に設定。「ネットの時代だからこそ、直接会って政策を訴えたい」(陣営)と、県内約400万人の有権者の半数以上との直接対話を目指している。

 民主党現職の水岡俊一氏の陣営でも「ネットユーザーのどれほどが実際に投票するのか」と懐疑的で、ネット活用は考えていないという。

【関連記事】
ニセ菅新首相続々…なりすましツイッター、顔写真も登録
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
つぶやき急増 ネット選挙解禁も
「正直者すぎる」他人でもつぶやきOK?
白熱、国会議員初のTwitter討論
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

梅雨まだぁ?農家やきもき、ビアガーデン笑顔 きょう「入梅」(産経新聞)
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス(産経新聞)
「月の壁」原画を公開 板橋 岡本太郎のレリーフ(産経新聞)
追加検査必要は23基=商業原発52基を評価―保安院(時事通信)
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘―大阪地裁(時事通信)
スポンサーサイト

菅首相 妻伸子さん「ご愁傷様かも」(毎日新聞)

 東京都武蔵野市の菅直人新首相の自宅には4日朝から大勢の報道陣が詰めかけ、支援者や関係者から次々とお祝いの花や電報が届いたが、妻伸子さん(64)は姿を見せなかった。

【写真特集】市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み

 インターホン越しにファーストレディーとなることへの感想を求められると、「大変ですから重いです。本当におめでたいのかどうか。逆にご愁傷様かもしれませんし」と淡々と答えた。さらに「初めてのことでやってみなきゃ分かりません。生活は変わりますね。自由が制約されるので嫌ですね」と正直な気持ちも吐露した。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
【関連記事】菅氏、代表選出あいさつ「この国を立て直すことが第一の仕事」
【関連記事】幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性
【関連記事】民主党新代表に菅氏 獲得票数も
【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン

覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)
<トイレ監禁>次男の体重40キロ未満だった(毎日新聞)
普天間で4日に首相質疑=与党と社民が一致(時事通信)
田中真紀子氏「クリーンというが洗濯屋じゃない」(読売新聞)
プロフィール

ミスターよしおかどまつ

Author:ミスターよしおかどまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。